事業のご案内

水素エネルギー関連製品の製品試験事業
高圧の水素を使用できる試験設備を持たない企業に代わり、第三者機関として水素関連製品やそれらの材料について耐久性試験、性能試験、振動試験、気密試験、圧力サイクル試験、ガス透過試験、材料評価試験などを受託します。
試験方法や試験条件については、開発企業と綿密な打ち合わせを行って要望に対応します。
当センターで実施する主な試験方法は次のとおりです。
※各試験室の主な仕様は、パンフレットをご覧ください。

高圧水素ガスを使用した主な試験内容
試験名 内容
ガスサイクル試験 水素を使って容器等へ指定した上限/下限圧力を繰り返し加減圧し、試験体への影響を確認します。
その際、環境温度を
-40℃~+85℃に設定することも可能です。
ガス透過試験 試験体へ指定した圧力で水素を充てんし、透過量を測定します。
急速充てん試験 水素ステーションと同様の条件で繰り返し充てんを行い、試験体への影響を確認します。
気密試験 試験体へ指定した圧力で水素を充てんし、一定時間保持することで、気密性を確認します。
振動試験 振動中に、加湿・性状調整された水素を流通させます。
その際、環境温度を
-73℃~+180℃に設定することも可能です。


不凍液等の液体を使用した主な試験内容
試験名 内容
液圧サイクル試験 不凍液等の液体を使って試験体へ指定した温度条件で上限/下限圧力を繰り返し加減圧し、その影響を確認します。
また、環境温度を-40℃~+85℃に設定することも可能です。
高温クリープ試験 指定した温度及び圧力を一定時間保持し、試験体への影響を確認します。
破裂試験 試験体へ設計された圧力以上の圧力を加え、破裂する時の圧力を計測し、破裂時の状態を確認します。
膨張量測定試験 試験体へ指定された水圧を加圧し、膨張量を測定します。
外水圧試験 高圧水素を封入した試験体の外側を、水圧で加圧/脱圧することで、ガスでは長時間必要な圧力サイクル試験を短時間で模擬します。


セキュリティ対策
当センターでは各企業の開発中の製品を取り扱うことから、セキュリティーには細心の注意を払っています。
センター内はお客様ごとにセキュリティーカードを発行し、入室可能な試験室を制限、試験室ごとに入退室管理を行います。
また、ご要望により秘密保持契約を締結するなどの対応を行います。


お申込はこちら
Copyright © 2010 HyTReC. All rights reserved.